ホーム > ご案内 >トリアージ訓練を開催しました。
 
 
 H28年11月12日(土)、8時30分より荒尾市民病院災害訓練(傷病者受入訓練)を行いました。今回は、局地的な大雨による土砂災害で、家屋が倒壊して多数の負傷者が発生し、荒尾市災害対策本部より受け入れ要請があったことを想定し、受入訓練を行いました。当日は、病院スタッフと患者役の有明高校看護専攻科の合計80名近くが参加しました。
 
 訓練では、災害対策本部設置後、関係職員が本部で受付後ベストを着用して、トリアージゾーン、治療ゾーン、搬送、伝令などそれぞれの役割を分担し、訓練に臨みました。訓練が始まると、連携がうまくいかない場面もあったようですが、有明高校生の血を模した傷口や洋服、化粧をしたリアルな演技に、病院スタッフも非常に緊張感ある訓練となり、参加者にとってはよい勉強の機会になったと感じています。今後、反省会の結果を踏まえて、次年度の訓練がより充実したものとなるように役立てていきたいと思います。