ホーム > 部門紹介 > 検査科 > 迅速検査部門












検査科のご紹介
迅速検査部門
輸血管理室
病理検査部門
細菌検査室
中央採血室
生理検査室
中央エコー室














検査科

迅速検査部門


 迅速検査部門は、生化学検査・腫瘍マーカー検査・内分泌検査・免疫検査・血液検査・一般検査を 総括した名称です。
 迅速検査は、採血から診療前報告まで40分〜60分報告を心掛け、併せて検査結果の品質の向上に努めています。

生化学検査

 生化学検査は、主に遠心分離された血清を用いて血清中に含まれる蛋白質・酵素などを測定し各臓器の状態を調べます。
<検査項目と疾患>
AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、ビリルビン 肝機能障害
LDH,CK、CK-MB 心筋梗塞
総コレステロ-ル、中性脂肪、HDL-コレステロ-ル 動脈硬化
血中・尿アミラ-ゼ 膵炎
尿酸 痛風
BUN、クレアチニン 腎機能障害
Na、K、Cl、Ca、P、Mg 電解質異常
Fe、UIBC、TIBC 鉄欠乏性貧血
CRP 炎症、細菌感染

腫瘍マーカー検査

 腫瘍マーカーとは、癌細胞または癌に対する体の反応によって作られ、血液や尿、組織などで増加している物質のことです。癌の診断や治療の目印になるので腫瘍マーカー、癌マーカーと呼ばれます。
 腫瘍マーカーは、癌の種類や病気の広がり、治療がどれくらい効くかの予測、再発の発見などに使われます。しかしながら、腫瘍マーカーの測定だけでは、癌を診断するのに十分ではありません。

なぜなら
@ 腫瘍マーカーは、良性の腫瘍でも上昇する事があります。
A 腫瘍マーカーは、すべての癌患者で上昇するものではありません。また、特  に病気の初期の段階から上昇するとは限りません。
B 腫瘍マーカーは,特定の癌だけでなく、いくつかの癌の種類で上昇することがありあます。

 表は、各臓器の癌について代表的な腫瘍マーカーを一覧にしたものです。赤字は当検査科で迅速報告できる腫瘍マーカーです。
 ただし、癌の診断のためにこのすべてを網羅的に検査するものでは有りません。必要に応じて、このうちのいくつかを適当な期間をおいて検査し、数値の変動を見ながら判断していきます。

<癌の種類> <腫瘍マーカー>
食道癌 CEA,CYFRA
胃癌 CEA,CA19-9、CA125、STN、CA72-4、NCC-ST-439
膵癌、胆道癌 CA19-9,CEA、CA50、Span-1、DUPAN-2
肝癌 AFP,PIVKA-U
大腸癌 CEA,CA19-9、NCC-ST-439
肺癌 CEA,SCC,NSE,SLX,CYFRA
乳癌 CA15-3、CEA、NCC-ST-439、ErbB-2
前立腺癌 PSA、γ-Sm、PAP
卵巣癌 CA125、CA54/61、CA72-4、STN、GAT
甲状腺癌 サイログロブリン

<参考文献>
 1.臨床腫瘍学第3版  日本臨床腫瘍学会編、癌と化学療法社 2003
 2.臨床腫瘍学第2版  日本臨床腫瘍研究会編、癌と化学療法社 1999
 3.国立がんセンター  http://www.ncc.go.jp/jp/index.html
 4.米国立がんセンター http://www.cancer.gov/cancer-information/
 5.医知場       http://www.ichiba-md.jp/gann/TM

内分泌検査

<ホルモンの分泌異常が原因でおきる疾患>
<項目> <別名> <代表的疾患>
IRI インスリン 糖尿病ほか
FT3 遊離トリヨードサイロニン 甲状腺機能亢進及び低下症
FT4 遊離サイロキシン 甲状腺機能亢進及び低下症
TSH 甲状腺刺激ホルモン 原発性甲状腺機能亢進及び低下症

免疫検査

 当検査では、感染症検査が主たる業務です。
HBs抗原 B型肝炎ウイルスの感染
HBs抗体 B型肝炎の感染又は既往の有無・予防接種
HCV抗体 C型肝炎の感染有無
TPHA 梅毒感染の有無
RA リウマチ

血液検査

 血液検査は、主に赤血球・白血球・血小板の数、計数に関する検査と凝固検査です。当院には、血液内科があり血液疾患の患者さんも多く、骨髄検査も充実しています。

赤血球数の数を調べ,貧血や炎症の有無を調べます。
白血球は、自動的に5分類され、好中球・リンパ球などの割合から病態を推測します。白血病などが疑われる場合は、染色し顕微鏡で目視します。
凝固検査は、血漿を用いて、凝固・線溶に拘わる成分の機能を調べます。

例 PT、APTT、Fib、HT、TT、AT-V、PFDP、FM

一般検査

 一般検査では、尿・便・穿刺液(腹水・胸水・髄液)検査と血糖値・ヘモグロビンAIc検査が主な検査です。他には、蓄尿・関節液の検査や精子液検査なども一般検査で行ないます。
尿定性検査では、試験紙を用いて色調の変化から尿潜血、尿蛋白、尿糖など10項目を調べます。

 尿中に含まれる赤血球や白血球、その他細胞成分や固形成分は、有形成分分析装置で計数され、増加の有無を調べます。特に異常が見られる場合は、遠心し(沈渣)目視します。
便は、潜血と虫卵の検査です。潜血は、大腸癌のスクリ-ニングに有用です。
血糖値は、ヘモグロビンA1c検査は、全血を用いて検査します。代謝内科では、必須の検査となっています。



※外注検査部門も迅速部門にあります。当検査室で検査できない特殊な検査は、全て外注(外部委託検査)になります。1日の件数は、50〜60件、毎日航空便で発送され、3〜4日で結果報告されます。