ホーム > 部門紹介 > 検査科 > 細菌検査室












検査科のご紹介
迅速検査部門
輸血管理室
病理検査部門
細菌検査室
中央採血室
生理検査室
中央エコー室














検査科

細菌検査室


 微生物が、体表面や組織内に付着し、安定して増殖を続けるようになった場合を感染がおこったといいます。感染が原因となっておこる病気を感染症といいます。
 細菌検査の仕事は、感染症の起炎菌(原因菌)の検索、起炎菌が同定(決定)できた後どのような抗生物質が有効なのかを検査する薬剤感受性検査などがあります。

検査対象材料

喀痰・尿・血液・胸水・腹水・髄液・関節液・便・膿・耳漏・
創部・胆汁・皮膚等

検査項目及び検査種類

<一般細菌検査>
肺炎球菌
カンジダ
ブドウ球菌
肺炎球菌
カンジダ
ブドウ球菌

<抗酸菌検査>
 ・結核菌検査
 ・非定型抗酸菌
結核菌


結核菌

<迅速検査>
 ・A群溶連菌抗原
 ・咽頭結膜Adeno-virus
 ・RS-virus
 ・便rota・adeno-virus
 ・Clostridium difficile-Toxin A