ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科 > マンモグラフィ検査












放射線技術科の概要
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査















放射線技術科

装置の特徴

 マンモグラフィとは、乳がんを診断する方法の一つで、乳腺・乳房専用のX線撮影です。触ってもわからないような早期の小さな乳がんはもちろん、しこりを作らない乳がんを白い陰影や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として見つけることができます。
 近年、乳がん罹患者は増加傾向にあり、早期発見により治療成績も上がることがマスコミでも大きく扱われ、非常に有用であると言えます。

乳房撮影装置
(SIEMENSMAMMOMAT3000)
 当院には、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の実施するマンモグラフィ認定放射線技師が4名おり、乳がん死亡数低下に寄与することを目的として、高い精度によるマンモグラフィ検査に努めています。 当院では、平成12年3月に乳房撮影装置を導入し、年間平均約1,000件の検診や精密検査などを行っています。



臨床症例



 粗大石灰化乳がん   乳がん