ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科 > 血管造影検査












放射線技術科の概要
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査















放射線技術科

装置の特徴

 
   

心臓カテーテル装置
 (東芝社製_Infinix_Celeve-i)
血管造影装置(DSA装置)
(東芝社製_Infix_Celeve-i)
 
 通常、X線では血管を映し出すことはできませんが、造影剤という薬を血管内に注入することで血管内の狭窄や閉塞などの情報をリアルタイムに知ることができます。また、診断だけではなく画像をリアルタイムで確認しながら狭窄部位へカテーテルという管を血管内に進め、バルーン(風船)で狭くなった血管を広げたり、出血を血管内から止血するなどの治療にもこの装置が用いられます。
   
    
 通常、X線では血管を映し出すことはできませんが、造影剤という薬を血管内に注入することで血管内の狭窄や閉塞などの情報をリアルタイムで知ることが出来ます。上記の装置は、血管内検査・治療を行うために使用されます。


装置の主な特徴としては、
(1)広範囲を一度に透視・撮影可能な大視野検出器(FPD)を搭載。 (2)3D-Angio/LCI(Cone_Beam_CT)が撮影可能。
(3)様々な線量低減機能により、患者様・医療従事者の被ばくを抑えることが可能。

当院では、主に下記の診療科において使用されています。

(循環器内科)
・心筋梗塞・狭心症症例に対する診断や治療
・ペースメーカー埋め込み
・静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置術

(画像診断治療科)

・肝細胞癌に対する塞栓術(TACE)
 (脳神経外科・神経内科)
・脳梗塞に対する血栓吸引術
・血管狭窄に対するステント留置術(CAS)
・動脈瘤に対するコイル塞栓術

(腎臓内科)
・シャント狭窄に対するPTA術

   
   
臨床症例

我々放射線技術科では、最良の画像の提供を目指し、画像情報の管理、装置の精度管理を行い、患者さまの被ばくの低減化に努めています。また、急性心筋梗塞等の場合は緊急を要するため、24時間体制にて対応を行っています。


      治療前 バルーン拡張   治療後(ステント留置後)
       
    脳血管造影(LCI_Cone Beam CT)