ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科 > MRI検査












放射線技術科の概要
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査















放射線技術科

装置の特徴


 

MRI装置(Philips社製  Ingenia 1.5T CX) 

   磁場強度は、前機種(1.5T)と同じですが、MRI装置の中では唯一のデジタルMRI装で、以前の装置と比較し画質の向上・検査時間の短縮が可能となりました。
また装置内の空間が広がったことによる圧迫感が軽減され、外観的にもすごく明るくなりました。新機種では、心臓MRI検査をはじめ、全身の転移検索・熱源検索等にも有用とされていますDWIBSも撮影可能となりました。 
   
    MRIとは、Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略で、撮影にはX線ではなく、超電導コイルで作成した静磁場と高周波を使用し、体内の各組織に分布している水素原子の磁気共鳴現象を利用してコンピューターで画像を作成しています。

主な特徴としては、
・従来の検査では困難だった脳幹部から脊髄等の中枢神経系の診断が可能。
・X線検査では描出不可能な靭帯、関節円板、炎症、腫瘍等も画像として捉えることが可能。
・造影剤を使用せずに脳をはじめ全身の血管を描出することが可能。

上記の特徴を生かし、当院では脳ドックも行っております。頭蓋内の病変や血管病変に対し早期発見に努めています。


検査を受けるための注意事項


MRIは、装置自体が大きな磁石のようになっており、強力な磁場が発生しています。手術などで体内に金属や機器が入っている方は、医師や担当の技師にお伝えください。特に下記に該当する方は検査ができません。

 ・ペースメーカーをご使用の方
 ・人工内耳をご使用の方
 ・古いタイプの脳動脈瘤クリップをご使用の方
 ・古いタイプの金属の金具等を手術などで入れている方

 また、撮像時に騒音(工事現場にいるような音)がします。そして少し狭い装置に入っていただきますので、若干の圧迫感があります。不安に思われる方は医師や担当の技師にご相談ください。


臨床症例


頚部から頭部のMRA
拡散強調画像

(左内頸動脈閉塞による急性期脳梗塞)

     
   髄膜腫(術前画像)             胸部MRA
     
  DWIBS