ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科 > 放射線治療












放射線技術科の概要
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査















放射線技術科

放射線治療とは

 放射線治療装置(リニアック)を用いて、X線または電子線を体の外から照射する治療法です。近年のコンピューター技術などの進歩により、治療成績は飛躍的に向上しました。
 放射線治療は、手術や化学療法と並んでがん治療法の三本柱と言われ、放射線治療単独、あるいは他の治療法との併用で用いられます。
 腫瘍を確実に治すことを目的とした根治療法、痛みなどの不快な症状を取り除くことを目的とした対症療法、がん転移の予防を目的とした予防治療として行われます。

【使用している機器】
リニアック
Elekta SYNERGY
治療計画装置
日立メディコ Pinnacle3
CTシミュレータ
GE BrightSpeed

放射線治療の特徴

●病巣を切らずに治療するため臓器の形や働きを温存でき、生活の質(QOL)を
 保つことができます。
●手術や化学療法と比べて全身への負担が少なく、合併症のある患者さまや高齢
 の患者さまにも安全に治療ができます。
●1回の治療時間は短く、外来での治療も可能です。
臨床症例

 当院では、有明地域の放射線治療における主要拠点となっており、入院や外来通
院での患者さまをはじめ、他院より多数の患者さまをご紹介いただいています。
 治療件数は毎月約250件で、ほぼ全身の悪性腫瘍と一部の良性腫瘍を対象に行
っています。