ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科 > RI検査












放射線技術科の概要
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査















放射線技術科

RI検査とは


 核医学(RI)検査は、目的とする検査ごとに種類の違った放射性同位元素(RI)を含んでいる薬を注射して体内に取り入れ、体内から放出されるγ(ガンマ)線を体外のカメラで撮影する検査です。
RI装置(GE社製Discovery NM630)

RI検査の種類


骨シンチグラフィ
RI検査の中でもよく行われる検査で、全身の骨の炎症や骨折などの病変の程度を調べます。
脳槽シンチグラフィ
交通事故等において、頭痛・めまい・吐き気などの症状がとれない場合は低髄液圧症候群を疑うことがあります。この脊髄液の漏れなどを調べる検査です。
脳血流シンチグラフィ
脳の各部における血流情報をカラー表示であらわす検査です。脳血流障害や認知症などの病状評価に役立ちます。
心筋シンチグラフィ 心筋の血流動態に加え心電図同期収集が可能となり、心臓の機能情報や収縮の状況を動画でみることが可能となりました。
   

骨シンチグラフィ
 脳槽シンチグラフィ
   
   脳血流シンチグラフィ  心筋シンチグラフィ
     
   RI装置(Discovery NM630)の特徴などについて

この装置は新開発の検出器により感度を落とさないまま高分解能の画像が得られる装置です。
検出器の重量も軽く小型化され、スムーズな動きにより患者様への圧迫感も少なくなっています。
新しい検出器の高い分解能を生かし、短時間収集、低投与の検査が可能となり、従来よりも患者様の肉体的、身体的な負担を軽減が可能となります。
 特に心臓領域検査、骨検査では従来の3分の2ほどの時間でも従来と同等以上の画像が提供可能となりました。
 さらに、他のSPECT検査でも短時間検査をシミュレーションする機能を搭載しており、少しでも患者様の負担を軽減することが検討できます。
 昨年、欧米では8年以上前に発売されていたレビー小体型認知症の診断薬「DATSCAN」が国内でも使用可能となりました。
今回の装置では解析を自動で再現性良く行え、高精度の認知症治療への診断情報が提供できるようになりました。
 また、低髄圧症候群など髄液の漏れを数値化して表現できるようになり、今まで以上に正確な検査が可能となりました。
 さらに、既存のGE社製CTのデータを用いれば体の中で減衰するガンマ線を補正することができ、患部の正確な機能情報を得ることができます。
 心臓領域の検査においては、心筋の血流動態に加え心電図同期収集が可能となり、心臓の機能情報や収縮の状況を動画でみることが可能となりました。
 装置の操作性も向上し、あらかじめ入力されている撮影計画を選択することで、自動で撮影が開始し、データ収集を行い、結果画像を処理装置に転送し解析までを行う機能により、これまで以上により高度な検査が受けられるようになります。