ホーム > 部門紹介 > 放射線技術科 > 骨密度測定












放射線技術科の概要
一般X線撮影検査
透視検査
マンモグラフィ検査
血管造影検査
CT検査
MRI検査
放射線治療
RI検査
骨密度測定















放射線技術科

装置の特徴

   
   
 RADspeed Pro (島津製作所製)、フラットパネルディテクタ (富士フイルム社製)
 

 一般X線撮影装置システムを更新し、検査時の被ばく線量が低減されました。

 一般
X撮影
(レントゲン撮影) とは、人体にX線を照射することで二次元画像を取得する撮影法です。人体各組織のX線透過率の差を画像化しています。
当院には救急外来撮影室を含め撮影室が4室あり、胸部、腹部領域から整形領域に至るまで全身のレントゲン検査を受け持っております。
 令和元年12月より、一般撮影システムを高機能X線撮影システムであるRADspeed Pro (島津製作所製) およびフラットパネルディテクタ (富士フイルム社製) に更新しました。これによりレントゲン検査を行う際、照射するX線量が従来と比較して10 〜 30% 程度低減可能となり、患者様の被ばく線量を低減できるようになりました。また高性能の画像処理技術の導入により画質も向上し、従来と比較して、より診断価値の高い検査が行えるようになりました。