ホーム > 診療案内 > 診療科のご紹介 > 皮膚科



















血液内科
呼吸器内科
腎臓内科
消化器内科
循環器内科
代謝・内分泌内科
脳神経内科
放射線治療科
画像診断・治療科
小児科
形成外科
外科
脊椎外科(脊椎脊髄運動器センター)
整形外科
麻酔科
産婦人科
脳神経外科
皮膚科
泌尿器科
病理診断科
緩和ケア外来






診療科のご紹介

皮膚科

概要

 皮膚科は皮膚全般の疾患や内臓疾患からでる皮膚病変を診る科です。

主な疾患

・じんま疹
・湿疹
・アトピー性皮膚炎
・乾癖
・掌蹠膿疱症
・皮膚腫瘍(皮膚癌、良性腫瘍)
・帯状疱疹
・ヘルペス

当院の皮膚科

 皮膚科では、皮膚、体表粘膜、毛髪、爪に起こる一般的な皮膚科外来診療を行っています。近年、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患が増加していますが、皮膚疾患とひと口に言いましても、湿疹、じん麻疹、あざ、水虫その他の感染症などさまざまなものがあります。高齢化社会に伴い、皮膚がんも急増しており、皮膚の病気もやはり早期発見、正確な診断、早期治療が大切です。皮膚疾患は体の表面にあり、目に見えるだけに、早期発見が比較的容易です。また「皮膚は内臓をうつす鏡」と言われるように皮膚の病気から、内科的な病気が発見されることもありますが、このような場合も、他科と連携して治療していきます。皮膚病の主な治療法は外用療法や内服療法から皮膚腫瘍の場合は腫瘍が良性か悪性かを診断し皮膚腫瘍切除術等の手術療法や放射線療法など最適な方法を患者様とともに選んで治療します。また、患者様の体質に応じた食事指導や生活指導を助言しています。

こんな時に受診します

皮膚科は、
 ・皮膚に痛みやかゆみがある時
 ・腫瘍ができた時
 ・皮膚のトラブルがある時
時の担当科です。