本サイトトップ / 求める人材像 / 職場案内 / 定期採用

HOME採用情報研修医採用サイト先輩研修医インタビュー

先輩研修医インタビュー

 

プライマリケアの土台になるような医師としての
基礎を築くには最適の研修病院です。

中瀬 啓太写真

臨床研修医1年目中瀬 啓太

  • 中瀬 啓太写真 中瀬 啓太写真
  • 当院を選んだ理由
    地元が好きなので、研修は熊本県内でと決めていました。荒尾市民病院では研修プログラムで日本医科大学附属病院での研修も選べることを魅力に感じました。
    研修の場所として選んで良かったと思うポイント
    当院での研修は、症例数は多すぎず少な過ぎずちょうどいいので、消化不良になることなく、症例レポートにもじっくり取り込めます。少人数制で「自分がやるしかない」環境のためCV挿入等手技が適度に回ってきたりと、機会も豊富です。上級医も積極的に他科を研修ローテート中でも実践させてくれます。
  • 中瀬 啓太写真 中瀬 啓太写真
  • 研修で目標にしていること
    医師としての基本的な考え方や、手技ができるようになることを目標としています。
    研修中、印象に残っている実体験エピソード、先輩医師たちをみて思うこと
    当院の救急外来は、救急車を断らない‘2.5次救急’的な対応を行う病院なので、救急外来ではファーストタッチから様々な症例を経験できました。加えて、看取りや死亡宣告など医師として避けられない場面も任されました。現場で鍛えられたことで、自分の見解を持って診療に当たることができるようになったと思います。
  • 中瀬 啓太写真 中瀬 啓太写真
  • 中瀬 啓太写真 中瀬 啓太写真
  • 臨床研修を受けて、自分自身にどのような変化・成長があったか
    当院は地域の中核病院であり、幅広い分野における症例を救急専門医の指導のもと数多く経験できることに加えて、退院後の患者さんのことまで考えて生活の調整等にも関わることができます。患者さん一人一人にある生活背景まで念頭に入れながら、退院に向けて診療に当たることができるようになったと思っています。
    これから研修医を目指す方々へメッセージやアドバイス
    当院の先生方のフットワークはとても軽く、各科の垣根はとても低いです。様々なケースに臨機応変に対応する姿は若手医師の憧れの的です。手厚い指導の元で、研修医や若手医師に任せてもらえるので、プライマリケアの土台になるような医師としての基礎を築くには最適の研修病院だと思います。多くの臨床経験を積むことができる当院で、医師としての第一歩をしっかり歩んでみませんか?

募集要項

フッター