受付時間(平日) [新規]8:30~11:00 [再来]8:30~11:30 診療時間:9:00~

診療科・部門

X線CT検査

装置紹介

  • 一般外来・病棟患者用

    一般外来・病棟患者用 :MDCT_64列(Philips社製_Brilliance 64)

  • 救急外来・HCU患者用

    救急外来・HCU患者用:MDCT_80列(CanonMedical社製_Aquilion Lightning Helios Edition)

検査説明

人体を透過してきたX線をコンピュータで処理し、人体を輪切りにした画像を描く検査方法です。
人体の断層像が瞬時に描出できるので、救急医療や最新医療では必要不可欠な検査法となっています。
今後のCT検査は装置の高性能化に伴い、呼吸停止時間や造影剤量の軽減化を図ることができ、患者様の負担は減少していくことが考えられます。

救急外来・HCU患者用CTの特徴

従来のCT装置(16列MDCT)に比べ、X線の検出器幅が広くなり、より短時間で撮影が可能となりました。
このため、短時間ながらも広範囲の検査が行え、患者様の身体的負担低減につながります。

  • 被ばく提言機能が搭載され、従来と比較し、30%程度被ばく線量の低減が可能となります。
  • 検出器の増加(80列)になり、従来の半分以下の高速撮影が可能となります。
    ※胸部で4秒、全身なら15秒で撮影可能です。
  • 検出器のサイズ幅が、1.5(mm)から0.5(mm)となり高分解能、高精細画像が得られます
  • 装置の開口が780(mm)、最低寝台高さ312(mm)となり、従来と比較し圧迫感の低減、患者様の 装置へ移動する際の身体的負担低減になりました。
  • 人工関節や人工義歯など金属置換された部位に対しての検査でも、金属アーチファクト(ノイズ)を低減し、画像を劇的に改善可能となります。

今回導入された高性能の80列CTは、一刻を争う救急医療において医師の正確な診断を支援し、 患者様の治療にお役に立てる装置となります。

臨床症例

我々放射線技術科では、最良の画像の提供を目指し、画像情報の管理、装置の精度管理を行い、患者さまの被ばくの低減化に努めています。

心臓バイパス術後

臓器を任意方向から立体的に観察することができ、診断や手術に非常に有用です。

Coronary CT
CoronaryCT.gif

脳動脈瘤

117(1-37).gif

116(1-19).gif

肺動静脈瘻

102(1-12).gif

大腸CT

100(1-19).gif

閉塞性動脈硬化症(ASO)

109(1-19).gif

手指骨骨折

104(1-22).gif

交通外傷患者(Toshiba Medical_提供)

image14.jpg
 

両股関節_人工関節置換術患者(Toshiba Medical_提供)

image15.jpg
 
フッター